シミウスがためしてガッテンやマツコ会議で放送されたのはいつ?

シミ対策に人気商品のシミウスホワイトニングジェル。

発売されてから今もなお売れ続けいているロングセーラ商品です。

そんな人気のシミウスホワイトニングジェルが、NHKのためしてガッテンやマツコ会議で紹介されたとネットで話題になっています。

シミウスホワイトニングジェルの購入を考えている人は、気になる情報ではないでしょうか?

実際、いつテレビで紹介されたのか調べてみました。

シミウスがためしてガッテンやマツコ会議で放送された日は?

先に結果を申し上げると、シミウスはためしてガッテンやマツコ会議で放送されていませんでした。

私もよく見るためしてガッテンは、NHKの情報番組で見ていて「なるほどー」と思った会が居つくかありました。私も楽しみにしていましたがシミウスホワイトニングジェルが放送された事実はありませんでした。

しかし、調べていくと「戻れ!シミの消えた肌」という会でシミのことが取り上げれていました、なのでその会と勘違いした人が、シミウスがためしてガッテンで放送されたとネット上にアップしたのがことの始まりだったのかもしれません。

シミウスの基本的な使い方は?

シミウスホワイトニングジェルは、他のシミ対策商品のテクスチャと比べてもやや硬めです。

それには、理由があってミウスホワイトニングジェルはマッサージを施すためにわざと硬めに作られています。

マッサージをすることで老廃物が排出されやすくなったり、エイジングケア効果も期待されます。

そんな、ミウスホワイトニングジェルの使い方をご紹介します。

口コミで「シミウス マッサージ ポロポロ」という評価を見ますがそういった人はしっかり基本的な使い方をマスターしてない可能性があります。

なので、ここでしっかりマスターしてくださいね。

ミウスホワイトニングジェル使い方

1、リンパをほぐす

2、ほほの下の筋肉をほぐす

3、顔全体を流す

4、鎖骨に流すの順番にマッサージしていきます。

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう!

1、リンパをほぐす

まずは老廃物を流しやすくするために、耳の下のくぼんだ部分(耳下腺リンパ節)を10秒ほど、グリグリと押してほぐします。始めは痛みを感じるかもしれませんが、イタ気持ちいい強さでしっかりほぐしましょう。

2、ほほの下の筋肉をほぐす

グーにした手の第二関節部分を使って、頬の奥の筋肉をグリグリとほぐします。凝り固まりやすい部分なので、少しイタ気持ちいいぐらいが理想的です。頬骨の下にグッと入れ込むイメージで。

3、顔全体を流す

指の腹を使い、顔全体を①~③の順に中心から外側へ向かって流します。流した後は、手のひら全体を使って顔の筋肉をぐいーっとこめかみに向かって引き上げ、最後に耳下腺リンパ節に向かって流します

4、鎖骨に流す

耳下腺リンパ節まで流したら、鎖骨のリンパ節に向かって、指先を使って撫で下ろします。その後、鎖骨のツボを①~③の順にグーッと押してほぐしたら、同様の順番で流します。右側は左手で、左側は右手で行うと簡単です。


文章にすると難しそうですが、実際にやってみると意外に簡単で毎日マッサージしていればだんだん慣れてきますのでチャレンジしてくださいね。